FX 初心者向きの外国通貨とは


FXでは色々な外国通貨を取引できます。

通貨にはそれぞれクセがありますが、その中から得意な通貨を見出し、その通貨を軸に取引ができればこれほど心強いことはありません。

ひとつの外貨だけを買うとリスク集中しますので、複数の通貨を持つべきでしょう。

世界の外国為替市場では様々な外貨が売買されていますが、
中でも取引量の多い米ドル・ポンド・円・ユーロは主要通貨と呼ばれ、それより少し取引量の少ない外貨を準主要通貨といいます。

主要通貨と、準主要通貨の違いは取引量にあります。
取引量の少ない外国通貨ほど、一方向に急激に動くことがあります。

石油の売買など、様々な局面で世界的に取引されている基軸通貨は依然として米ドルです。
多くの品物がドル建てで決済されています。

そのため、外為業者やロイターなどの通信社から出る情報は
米ドル中心で初心者でも外国通貨の情報にはさほど困りません。

英ユーロと米ドルを通貨ペアにしたユーロ/ドルは取引量の最も
多い通貨ペアです。

ユーロ、ドル、日本円が主要3通貨となります。
わかりやすい値動きをする傾向があり、扱いやすい通貨です。
豪ドルやニュージーランドドルはFXでは人気の高い通貨です。

国家経済が好調なこと、資源国通貨は世界的な政情不安に強いこと、
金利が高くスワップポイントが高いことなどが人気の理由です。

金利の引き下げ、引き上げはこの通貨の魅力であるスワップに
繋がるため、注意すべき点です。

ユーロと関連性のある値動きをするイギリスのポンド通貨ですが、
経済規模が小さくレートが乱高下しがちです。

十分な差益が見込めるならば取引もいいですが、初心者には扱いづらい通貨です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。